ヒロアカ | 第364話『何の為に力を使う』ネタバレ | My Hero Academia

MY HERO ACADEMIA
原作(Original Story): 堀越耕平(Kohei Horikoshi)
ヒロアカ 37巻364話 ネタバレ エッジショット 忍法千枚通し 極 僕のヒーローアカデミア 漫画 My Hero Academia Chapter 364 MHA
僕のヒーローアカデミア 第364話ネタバレ
第364話
サブタイトル何の為に力を使う
配信日2022年8月29日
ジャンプ2022年39号
単行本第37巻
登場人物エンデヴァー
ホークス
爆豪勝己
ベストジーニスト
エッジショット
死柄木弔
オール・フォー・ワン
殻木球大
エリ
スターアンドストライプ
オールマイト
ティモシー・アグパー
殻木球大《死穢八斎會が密造していた個性因子を破壊する精製液を死柄木が押収、受け取ったワシはすぐに複製を試みた。これのオリジナルは人間の個性じゃ。まったく面白いとは思わんかね。キミの言う通り因子とは収束するものじゃのう。精製の過程でワシは消失弾とは異なるオリジナルの効果に着目した》
ヒロアカ 37巻364話 ネタバレ AFO 巻き戻し 若返り 僕のヒーローアカデミア 漫画 My Hero Academia Chapter 364 MHA
殻木球大《終末論はやはり正論であったと言わざるを得ない。使えるのは一度きりじゃ。計画通りにシャバへ戻った暁にはキミの夢の一助となるじゃろう。脱獄後、もしワシに万が一があった場合を考慮しデータと共に潜伏予定地(ここ)に残す。本音を言えばやはりワシはキミ自身の声と眼、笑顔が愛おしい。願わくばキミ自身の心に憎悪が宿らん事を》
AFO「誇れエンデヴァー。まさか君相手にこの切り札を切るとは思っていなかった」
ヒロアカ 37巻364話 ネタバレ AFO 巻き戻し 若返り 僕のヒーローアカデミア 漫画 My Hero Academia Chapter 364 MHA
エンデヴァー「……若返っていく…肉体の全盛」
常闇踏陰「あれはエリちゃんの…」
ホークス「(マズい)」
AFO「(体が絹のように軽い)」
ヒーロー「えええ個性が…」
AFO「ついでにマントも頂くよ。裸じゃ格好がつかないや」
ヒロアカ 37巻364話 ネタバレ AFO 巻き戻し 若返り 僕のヒーローアカデミア 漫画 My Hero Academia Chapter 364 MHA
AFO「この巻き戻しは使ったが最後、最終的に僕は消えて失くなる。だが夢のバトンは死柄木弔に引き継がれている。僕の残る役目は君たちの猪口才な罠から彼を救い出すことだ。行かせてもらうよ」
ホークス「(自滅上等の超強化…エンデヴァーさんがもう一発撃てればまだ…) 夢ね…ワン・フォー・オールを手に入れた先の話っすか?(時間を稼げ) 後学の為に聞かせて下さいよ」
AFO「単純だよ。コミックに影響されてね、その悪役は世界中から恐れられていた。何でだと思う?」
ホークス「悪いことするから?」
AFO「悪いこととは?文化も価値観も無数に広がるこの世界で誰もが顔をしかめ嫌悪する行為…それは思い描く未来を阻まれること。だから僕はね、世界中の未来を阻みたい。だがそう在りたいと願っただけだ」
『アメリカ合衆国 ワシントンD.C』
アグパー「叩くなら今です。今徹底してトムラを討たねば我が国も危ないんだ」
ヒロアカ 37巻364話 ネタバレ 僕のヒーローアカデミア 漫画 My Hero Academia Chapter 364 MHA
大統領「危機をどう捉えるかだ。我々は既に他国より半歩、レッドゾーンに踏み込んでしまっている。君のせいでねティモシー・アグパー。個性専門機関の報告によればトムラは最早人の手に負えない段階まできている。つまり何が起きても不思議ではない未知領域(アンタッチャブル)。そんな化け物に君は敵対意思を示してしまったんだ。スターとミサイルでね」
アグパー「つまり迎合すると…!?」
大統領「既に先進国間ではどこがいち早くトムラの信頼を得られるかにらみ合いが始まっている」
アグパー「どう支配されるか考えるなど馬鹿げている」
大統領「被害を抑えるためだ。機を窺い穿つ為だ」
アグパー「一度でも支配を受け入れてしまえば奪われ骨抜きにされるだけだ」
大統領「国の未来の為だティム」
アグパー「そんなものが未来であってたまるか!そのイスが言わせてんだろう?スターが何の為に戦ってきたのか…キャシーが何の為に殉職したのか…わかんなくなっちまったワケじゃないだろう!?少年少女は大人を見て育つんだ。大人はその少年たちを支え共に紡ぎ、そしてまた次へ、その為にヒーローは力を行使してきたんじゃないのか」
ヒロアカ 37巻364話 ネタバレ スター オールマイト 僕のヒーローアカデミア 漫画 My Hero Academia Chapter 364 MHA
ジーニスト「エッジショット」
エッジショット「そう…どこにでも忍び込む忍者ヒーロー…人の体なら幾度も忍び熟知している…諦めてたまるか!」
ヒロアカ 37巻364話 ネタバレ エッジショット 爆豪勝己 僕のヒーローアカデミア 漫画 My Hero Academia Chapter 364 MHA
エッジショット「ミルコォ足掻け!首だけになっても喰らいつけ」
AFO「無駄なことを」
ルミリオン「エッジショットは受け入れない。今止まった心臓は我々が決して失ってはならぬ命だ」
エッジショット「まだ間に合う。欠けたものは俺が埋めて動かす」
ジーニスト「紙原…戻れなくなる」
エッジショット「だから後を頼みます、袴田会長。忍法千枚通し"極” 俺がこの子の心臓になる」
ヒロアカ 37巻364話 ネタバレ エッジショット 忍法千枚通し 極 僕のヒーローアカデミア 漫画 My Hero Academia Chapter 364 MHA
前の話次の話
MY HERO ACADEMIA
キャラクターアニメエピソード漫画
映画OVA主題歌
僕のヒーローアカデミア 記事一覧