進撃の巨人 | 第1期 現在公開可能な情報一覧 | Attack on Titan Season 1

Attack on Titan
🖌原作者(Original Story) : 諫山創(Isayama Hajime)
進撃の巨人 1期 現在公開可能な情報 アイキャッチ リヴァイアッカーマン Attack on Titan Levi Ackerman
進撃の巨人 第1期 現在公開可能な情報一覧
進撃の巨人 現在公開可能な情報
1期2期3期4期OVA

現在公開可能な情報
第1話 二千年後の君へ ―シガンシナ陥落①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期1話  Attack on Titan Season1 Episode 1 Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
壁について①
人間は三重の壁に囲まれて生活している。
一番外側の壁がウォール・マリア、二番目がウォール・ローゼ、そして中央の壁がウォール・シーナである。

Episode.1
About the Walls 1.
Humanity lives surrounded by three walls.
The outermost wall is Wall Maria, the second is Wall Rose, and the centermost wall is Wall Sina.


第1話 二千年後の君へ ―シガンシナ陥落①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期1話  Attack on Titan Season1 Episode 1 Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
壁について②
壁と壁の間の距離はほぼ等しい。
マリアとローゼの間が100km、ローゼとシーナの間が130km、シーナから中央までが約250kmとなっている。

Episode.1
About the Walls 2.
The Walls are separated from one another in roughly equal intervals. 
There is a distance of about 100 kilometers between Maria and Rose, and there are about 130 kilometers between Rose and Sina. 
From Sina, it's about another 250 kilometers to the center of the interior.

第2話 その日 ―シガンシナ陥落②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期2話  Attack on Titan Season1 Episode 2 Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
人類活動領域の大まかな規模の図説①
この図説(原作参照)は、人間に残された領域の広さを感覚的に示したものである。
ウォール・マリアの外は依然として謎のままである。

Episode.2
A Rough Diagram of the Human Activity Zone 1.
This diagram (which referenced one in the original manga) provides a more intuitive idea of how large the area left to humanity is. 
What lies beyond Wall Maria is a mystery.


第2話 その日 ―シガンシナ陥落②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期2話  Attack on Titan Season1 Episode 2 Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
人類活動領域の大まかな規模の図説②
人類領域の中心ほど標高は高くなっている。
人類領域内は水と鉱物資源と天然ガスなどの資源に恵まれている。

Episode.2
A Rough Diagram of the Human Activity Zone 2.
The elevation increases as you approach the center of humanity's activity zone. This area is also rich in natural resources such as water, ore, and natural gas.

第3話 絶望の中で鈍く光る ―人類の再起①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期3話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
立体機動装置の訓練①
立体機動装置の訓練は、人間という二次元的な動きをする生物を、三次元に適応させるための過酷なものである。

Episode.3
ODM Gear Training 1.
ODM gear(Omni-directional mobility gear)
ODM gear training is a difficult process, meant to force the cadet to adapt from moving in a flat 2D plane to a 3D space.


第3話 絶望の中で鈍く光る ―人類の再起①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期3話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
立体機動装置の訓練②
強靭な体力と脚力、加えて空間把握能力、そしてパニックにならない為の精神力が必要になる。

Episode.3
ODM Gear Training 2.
ODM gear(Omni-directional mobility gear)
High endurance, strong legs, good spacial awareness, and nerves of steel are requisites.

第4話 解散式の夜 ―人類の再起②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期4話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
104期訓練兵団成績上位10名①
7番:マルコ・ボット

Episode.4
The 10 Top Cadets in the 104th Cadet Corps 1.
Number 10: Christa Lenz
Number 9: Sasha Braus
Number 8: Conny Springer
Number 7: Marco Bodt
Number 6: Jean Kirschtein


第4話 解散式の夜 ―人類の再起②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期4話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
104期訓練兵団成績上位10名②
4番:アニ・レオンハート
3番:ベルトルト・フーバー

Episode.4
The 10 Top Cadets in the 104th Cadet Corps
Number 5: Eren Jaeger
Number 4: Annie Leonhart
Number 3: Bertholdt Hoover
Number 2: Reiner Braun

第5話 初陣 ―トロスト区攻防戦①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期5話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
壁上固定砲①
大砲は立体機動装置登場以前の対巨人主力兵器である。
機動力不足を補うため、固定砲が壁に配備され、防衛用の改良が施された。

Episode.5
Wall-Mounted Artillery 1.
Prior to the ODM Gear, cannons were humanity's primary anti-Titan weapon. 
In order to make up for their lack of mobility, the cannons were placed on the Walls, and defensive improvements were made to the Walls (for clarity) as well.


第5話 初陣 ―トロスト区攻防戦①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期5話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
壁上固定砲②
ぶどう弾—-殺傷効果は低いが、巨人の動きを停滞させる効果がある。
榴弾—-威力は高いが、命中精度が極端に低く、狙って当てることは大変困難である。

Episode.5
Wall-Mounted Artillery 2.
Grapeshot: Low lethality but effective at stopping Titan movement.
Shells: Deal a large amount of damage, but their extremely low accuracy makes it very difficult to aim and hit a target.

第6話 少女が見た世界 ―トロスト区攻防戦②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期6話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
超硬質スチール①
強靭さとしなやかさを兼ね備えた素材であり、巨人の肉質を斬裂し得る。
これを利用して製造された「半刃刀身」は巨人兵器として広く知られている。

Episode.6
Ultrahard Steel 1.
A material that is both hard and flexible, allowing it to tear through Titan flesh. 
The "single-edged swords" that use the material are widely known as anti-Titan weapons.


第6話 少女が見た世界 ―トロスト区攻防戦②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期6話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
超硬質スチール②
「超硬質スチール」の精錬には、工場都市が備える高炉が必要不可欠であり、工場都市以外では製造できない。

Episode.6
Ultrahard Steel 2.
Refining Ultrahard Steel requires the use of blast furnaces that exist only in the Industrial City, meaning it can't be made anywhere else.

第7話 小さな刃 ―トロスト区攻防戦③―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期7話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
立体機動装置の機構①
<立体機動本体>
・本体部分に鉄線を収納
・軸が二つあり、独立して回転

Episode.7
The ODM Gear's Mechanisms 1.
(ODM Gear Main Unit)
Wires stored in the main unit
Two axles that spin independently


第7話 小さな刃 ―トロスト区攻防戦③―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期7話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
立体機動装置の機構②
<操作装置>
・操作装置が利用する部分はブラック・ボックス
(技巧科が秘密裏に管理・改良)
<ボンベ本体>
・ガスはボンベに圧縮して注入されている

Episode.7
The ODM Gear's Mechanisms  2.
(Controller)
Gas is compressed and held in canisters from which it is injected.

第8話 心臓の鼓動が聞こえる ―トロスト区攻防戦④―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期8話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
立体機動装置の機構③
<ファンの部分>
・ガスはファンに直接吹きかけられて回転
・ガスの圧力を調整して出力を操作

Episode.8
The ODM Gear Mechanisms 3.
Diagram Comparing Titan Sizes
(Fan section)
The fans spin when gas is blown on them
Adjusting gas compression allows users to control output.


第8話 心臓の鼓動が聞こえる ―トロスト区攻防戦④―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期8話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
巨人の体格差の図説

Episode.8
Diagram Comparing Titan Sizes

第9話 左腕の行方 ―トロスト区攻防戦⑤―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期9話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
現在の調査兵団①
調査兵団とは、壁外の探索活動が主な目的だが、ウォール・マリア陥落以前と以降では活動内容が
異なる。

Episode.9
The Current Scout Regiment 1.
Their primary mission consists of reconnoitering outlying areas. Their objectives have changed following the fall of Wall Maria.


第9話 左腕の行方 ―トロスト区攻防戦⑤―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期9話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
現在の調査兵団②
陥落以降の活動は、来るウォール・マリア奪還作戦二回目の為に兵站へいたん拠点を作り、大部隊が移動する順路を作成することである。

Episode.9
The Current Scout Regiment 2.
After the fall, their new objective is to prepare for the second operation to recapture Wall Maria by establishing supply points and routes for troop movement.

第10話 応える ―トロスト区攻防戦⑥―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期10話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
酵母①
ウォール・シーナ内でのみ生産される特殊な酵母。
酵母を飼い葉や小麦、大豆などの入った倉庫やテントに置くことで腐敗が極端に遅くなることが知られている。

Episode.10
Yeast 1.
A special yeast made only within Wall Sina keeps fodder, wheat, beans, and other items from spoiling for a long time when placed in storerooms or tents.


第10話 応える ―トロスト区攻防戦⑥―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期10話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
酵母②
酵母を置いた貯蔵プラントを各地に展開することで、ウォール・マリア奪還のための補給物資を備蓄する
のが、これまでの人類側の戦略であった。

Episode.10
Yeast 2.
By seeding storage caches with this yeast along supply lines, humanity prepares to retake Wall Maria.

第11話 偶像 ―トロスト区攻防戦⑦―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期11話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
立体機動装置の体重移動装備①
立体機動を可能にする為には、全身に張り巡らされた固定ベルトを利用した細かい体重移動の技術が必要になる。

Episode.11
The ODM Gear's Body Weight Transfer Equipment 1.
To maneuver in 3D space, it's necessary to be able to shift one's weight precisely, using belts strung all over the body.


第11話 偶像 ―トロスト区攻防戦⑦―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期11話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
立体機動装置の体重移動装備②
立体的で高速な機動が目的である装備は徹底して軽量化の限りを尽くされている。

Episode.11
The ODM Gear's Body Weight Transfer Equipment 2.
To allow quick maneuvers in 3D space, the equipment has been made as light as possible.

第12話 傷 ―トロスト区攻防戦⑧―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期12話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
立体機動装置の体重移動装備③
両側の腰のどちらか一方に全体重をかけることになる。
宙を舞うような機動であっても、全身の筋肉を酷使することによって成り立っている。

Episode.12
The ODM Gear's Body Weight Transfer Equipment 3.
Users must shift their entire weight to one side of their hips or the other. This permits acrobatic movement, but heavily taxes the muscles.

第12話 傷 ―トロスト区攻防戦⑧―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期12話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
立体機動装置の訓練③
そのため教官が命綱を故意に切り、その対応を見る訓練が行われる。
安全な訓練とは言い難いが、訓練中に死ぬような者が巨人と戦うことはいずれにせよ不可能なのである。

Episode.12
ODM Gear Training 3.
For this reason, instructors will deliberately cut student lifelines to gauge reactions. While unsafe, anyone who dies during training would be unable to fight the Titans anyway.

第13話 原初的欲求 ―トロスト区攻防戦⑨―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期13話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
巨人との戦いの歴史①
確認できる最古の記録では、107年前に巨人が出現したとされている。
ほとんどの人類は巨人によって食い尽くされた。

Episode.13
A History of Battles Against the Titans 1.
The oldest available records say the Titans appeared 107 years ago. They devoured most of humanity.


第13話 原初的欲求 ―トロスト区攻防戦⑨―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期13話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
巨人との戦いの歴史②
人類は大砲で巨人に対抗しようとしたが、驚異的な生命力を持つ巨人の前には成す術もなかった。

Episode.13
A History of Battles Against the Titans 2.
Humanity retaliated with cannons, but they were useless in the face of the Titans'regenerative ability.


第14話 まだ目を見れない ―反撃前夜①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期14話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
特別兵法会議①
兵士・兵属を裁くための刑事裁判。
判事、検察、弁護人は、すべて兵属にある者が務める。

Episode.14
Special Military Tribunals 1.
A military court that judges soldiers and military personnel. 
The judge, prosecution, and defense are all composed of military personnel.

第14話 まだ目を見れない ―反撃前夜①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期14話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
特別兵法会議②
通常の兵法会議より政治色が濃く、決定権は3つの兵団のトップ、ダリス・ザックレー総統に委ねられている。

Episode.14
Special Military Tribunals 2.
Politics have more influence than in a normal military tribunal. 
Dhalis Zachary, leader of the three military forces, makes the final decision.


第15話 特別作戦班 ―反撃前夜②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期15話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
ウォール教①
壁内地域で布教活動を行っている宗教組織。
壁を神と崇め、たとえ防衛のためであっても壁に手を加えることを一切認めていない。

Episode.15
Order of the Walls 1.
Members of a religious organization that proselytizes within the Walls. 
They worship the Walls as God, refusing to allow any changes to them, even for defensive purposes.

第15話 特別作戦班 ―反撃前夜②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期15話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
ウォール教②
ウォール・マリア陥落以降、急速に信者の数を増やしつつあり、またその発言力も強まっている。

Episode.15
Order of the Walls 2.
Since Wall Maria's fall, their numbers have rapidly increased, as has their influence.

第16話 今、何をすべきか ―反撃前夜③―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期16話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
兵団選択①
3年の訓練課程を終えた兵士が憲兵団、駐屯兵団、調査兵団のいずれかの兵団を選択する儀式。

Episode.16
Selecting a Branch 1.
After three years of training, a ceremony is held in which cadets choose among the Garrison Regiment, Scout Regiment, or Military Police Regiment.

第16話 今、何をすべきか ―反撃前夜③―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期16話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
兵団選択②
しかし憲兵団に入団できるのは成績上位10名だけであり、実質的には駐屯兵団か調査兵団かの二択となり、多くの者が駐屯兵団を選択することになる。

Episode.16
Selecting a Branch 2.
However, only the top ten can enter the Military Police, so the choice is limited to the Scout Regiment or the Garrison. Most select the Garrison.

第17話 女型の巨人 ―第57回壁外調査①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期17話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
長距離索敵陣形①
調査兵団団長エルヴィン・スミスが考案した理論であり、この陣形を組織することで壁外での生存率が飛躍的に向上した。

Episode.17
The Long-Distance Scouting Formation 1.
A theory devised by Scout Regiment Commander Erwin Smith. 
Since implementing this formation, the Scout Regiment's survival rate outside the Walls has drastically increased.

第17話 女型の巨人 ―第57回壁外調査①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期17話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
長距離索敵陣形②
簡単に言えば、尽力による電波探知機(レーダー)である。
陣形中央に位置するエルヴィンが早期に巨人発見を知ることで、遭遇前に陣営の進路変更が可能になった。

Episode.17
The Long-Distance Scouting Formation 2.
To describe it in simple terms, this formation is like a human-powered radar. 
By allowing Erwin, who sits in the center of the formation, to quickly know about Titan spottings, it is possible for the group to change direction before encountering that Titan.

第18話 巨大樹の森 ―第57回壁外調査②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期18話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
巨大樹の森①
壁内、壁外に点在する巨木群。
ある地区を境に局所的に自生し、標高は80mを超える。

Episode.18
The Forest of Giant Trees 1.
AIsolated forests of giant trees can be found within and beyond the Walls. 
They occur naturally in certain areas, and tree heights can exceed 80 meters.

第18話 巨大樹の森 ―第57回壁外調査②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期18話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
巨大樹の森②
ウォール・マリア陥落以前は観光地とされていたが、現在、調査兵団にとっては壁外遠征において巨人の脅威から身を守る重要な拠点となっている。

Episode.18
The Forest of Giant Trees 2.
Before Wall Maria's fall, this particular forest was a tourist area. 
Now, it is a strategically important location used by the Scout Regiment to protect themselves from Titans during scouting missions.

第19話 噛みつく ―第57回壁外調査③―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期19話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
信煙弾①
火力の力で信号弾を射出することのできる小型拳銃。
信号弾の込められた小さな筒を一発ごとに交換して使用する。

Episode.19
Signal Flares 1.
These small firearms use gunpowder to fire signal flares. 
Detachable barrels with signal flares inside are swapped in and out for every shot.


第19話 噛みつく ―第57回壁外調査③―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期19話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
信煙弾②
伝達内容によって、打ち上げる煙の色が変わる。
赤・・・巨人発見。
緑・・・陣形の進路決定。
黒・・・奇行種発見。

Episode.19
Signal Flares 2.
Messages are conveyed by using different colors of smoke. 
Red: Titan spotted. 
Green: Formation should proceed. 
Black: Abnormal spotted.

第20話 エルヴィン・スミス ―第57回壁外調査④―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期20話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
対特定目標拘束兵器①
特定の巨人を拘束することを目的として、新たに開発された調査兵団の兵器。

Episode.20
The Special Target Restraining Weapon 1.
This newly developed Scout Regiment weapon was created in order to restrain specific kinds of Titans.


第20話 エルヴィン・スミス ―第57回壁外調査④―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期20話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
対特定目標拘束兵器②
積載している樽の中には七本の鉄の筒が敷き詰められており、その筒には矢じりを両端に付けたワイヤーが螺旋状に内包されている。

Episode.20
The Special Target Restraining Weapon 2.
Barrels are loaded with seven iron tubes that carry spiraling wires with tips on both sides.

第21話 鉄槌 ―第57回壁外調査⑤―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期21話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Informationublicly Available Information
現在公開可能な情報
調査兵団の馬①
調査兵団に与えられている馬種はそれ専用に品種改良されたもので、体高160㎝程度、体重は450~500kg。

Episode.21
Scout Regiment Horses 1.
The horses of the Scout Regiment were bred specifically for them and stand around 160 cm, weighing between 450 and 500 kg.


第21話 鉄槌 ―第57回壁外調査⑤―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期21話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
調査兵団の馬②
トップ・スピードは、時速75~80kmに達し、巡航速度でも35km程度で走ることができる。
馬は、巨人の足から逃げることができる、ほぼ唯一の手段である。

Episode.21
Scout Regiment Horses 2.
Their top speed is between 75 and 80 km/h, and they can maintain speeds of 35 km/h. 
Horses are about the only way to escape a Titan.

第22話 敗者達 ―第57回壁外調査⑥―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期22話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
調査兵団の馬車①
工場都市特製の複雑なサスペンションが組み込まれた馬車。
サスペンションは超硬質スチールで作られており、工場都市以外では複製できない。

Episode.22
Scout Regiment Carriages 1.
These carriages use a complex and special suspension system created in the Industrial City. 
It is made from Ultrahard Steel and therefore can only be produced there.


第22話 敗者達 ―第57回壁外調査⑥―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期22話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Informationublicly Available Information
現在公開可能な情報
調査兵団の馬車②
調査兵団の馬に引かせた場合の巡航速度は時速20km程度であり、また、悪路でも石畳と変わらない走りを見せることが可能。

Episode.22
Scout Regiment Carriages 2.
The carriages are able to maintain a speed of about 20 kilometers per hour when drawn by Scout Regiment horses. 
It is also possible for them to be driven over stone streets and other poor ground conditions with no change in speed.

第23話 微笑み ―ストヘス区急襲①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期23話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
憲兵団①
総数は2000名程度だが、憲兵団の指揮下にある駐屯兵団を加えると、5000名程度が実働兵力と考えられる。

Episode.23
The Military Police Regiment 1.
The Military Police Regiment numbers around 2,000, but if you add the Garrison Regiment under their command, their actual force is approximately 5,000.


第23話 微笑み ―ストヘス区急襲①―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期23話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
憲兵団②
各城壁都市には200名程度の憲兵が配備されている。
主な任務は、訓練兵団の統括や駐屯兵団の監視、消防の指揮統制である。

Episode.23
The Military Police Regiment 2.
Each walled city has about 200 MPs stationed there. 
Primary duties are to oversee cadet brigades, monitor the Garrison, and direct fire-fighting operations.

第24話 慈悲 ―ストヘス区急襲②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期24話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
ウォール・シーナ①
首都であるウォール・シーナにはおよそ20万人が住んでいる。
原則として、王室及びその縁者の居住区とされているため、特別の市民権を必要とする。

Episode.24
Wall Sina 1.
Wall Sina encloses the capital and about 200,000 people. 
Residency requires special permission and is technically restricted to the royal family and their relatives.


第24話 慈悲 ―ストヘス区急襲②―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期24話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
ウォール・シーナ②
駐屯兵団や調査兵団で功績をあげることで市民権を得られることもあり、貧しい人々が安住するための唯一の手段であると考えられている。

Episode.24
Wall Sina 2.
One may also earn residency rights through meritorious service in the Garrison Regiment or Military Police Regiment, which is considered the sole means for the poor to gain safe refuge.

第25話 壁 ―ストヘス区急襲③―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期25話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
壁①
784年。うだるように暑い日の夜、一人の抗夫が地下から壁を越え、ウォール・シーナに入ろうと試みた。ウォール・シーナに行けばいい暮らしができるかもしれない。—-数日前、炭鉱に入って円匙振るっているときに突然そんな考えが工夫の頭に浮かんだ。それはある意味においては啓示と言ってよかった。それから抗夫は何日かかけて歩き回り、壁沿いに密生する森の中に掘削地点を定めた。そこならまず誰も来ないし、頭上を覆う葉っぱが壁上で監視に立つ兵士から穴を掘る自分の姿を隠してくれるはずだ。彼はそう考え、翌日の夜を決行日とした。抗夫は使い慣れた大きな幅広の円匙で地面を掘った。作業は順調に進んだ。穴の深さはすぐに自分の背丈を越えた。すくい上げた土を外に放り出せなくなると、土を布の袋に詰め、梯子を上って外に捨てた。時折水を飲み、凝り固まった筋肉をほぐすとき以外は掘ることに没入した。
穴を掘るという行為に対して、抗夫は絶対的な自信を持っていた。彼は十年間休むことなく穴を掘り続けてきたのだ。そしてその間に彼は誰よりも深く早く、、効率的に穴を掘る技術を身につけた。誰もが手を焼くひどくやっかいな坑道でも、抗夫にかかればあっという間に道が開けた。しかしその日は少し様子が違った。何時間を掘り続けてもまるで先が見えてこないのだ。途中で何度か横に円匙を入れてみたが、無駄だった。壁の基礎はどこまでも深く地中に根を下ろしており、抗夫の行く手を阻んだ。それでも抗夫は決して諦めることはなかった。何がなんでもウォール・シーナに行きたかったからではない。そのときにはもうウォール・シーナでの暮らしなんてどうでもよくなっていた。抗夫はただ壁を征服してやりたいと思っていただけだ。穴を掘り続けた俺の二十年をかけて、絶対にこの壁を越えてやる。ひっきりなしに流れ出る汗を拭いながら、抗夫はそう心を決めた。円匙の先が固い岩盤に当たったのは抗夫が自分の背丈の四倍か五倍以上は掘った後のことだった。岩盤?と抗夫は思った。それは地中に根を下ろした壁の基礎と同じ材質で出来ているようだった。抗夫は岩盤に力いっぱい円匙を振り下ろした。岩盤には傷ひとつつかず、円匙の方が壊れてしまった。抗夫はこれまで二十年かけて掘ってきたどの穴よりも深く大きなため息をついた。

Episode. 25
The Wall 1.
One swelteringly hot night in the year 784, a lone miner attempted to pass through Wall Sina by going under it. A few days earlier, as he stood digging in the mines, shovel in hand, a thought suddenly came to him - maybe I could have a better life if I go to Wall Sina. It was almost a revelation of sorts. For days after that, the miner walked until he found a spot in a dense forest along the Wall where he would begin digging. No one would pass by it, and the thick foliage overhead would obscure the watchful eyes of the soldiers standing at the top of the Wall. Knowing this, he decided to begin his operation the following night. He dug into the ground with the wide shovel he had come to know so well, and made steady progress. Before long, the hole was so deep, his entire body fit inside. When he could no longer toss the dirt he dig outside of the hole, he began shoveling it into bags. He later disposed of them by climbing a ladder. Every once in a while he would drink water, but he would only stop digging if he needed to, like when his muscles started to tighten up.
The miner had absolute confidence in his ability to dig holes. It was what he had done for 20 years straight, and during that time, he learned to dig deeper, faster, and more efficiently than any of his peers. He could dig a path in no time - through difficult tunnels that gave any other miner fits. But something felt different that day. He dug and dug, but seemed to make no progress. Every time he made an attempt to dig horizontally, his shovel was rejected by the earth. The Wall's foundation seemed to jut deep into the ground, preventing the miner from proceeding. Still, he did not give up. He had to enter Wall Sina, no matter what. Life in Wall Sina was no longer his objective; it was meaningless to him. All that mattered was overcoming the Wall. The miner made a promise to himself as he wiped the ever-flowing sweat from his brow. I'll stake my 20 years of digging on this. I will get past this Wall.
The hole had grown to four or five times the miner's own height when his shovel hit a hard floor of rock. Bedrock? he wondered. It seemed to be the same material as the Wall's foundation. Using all of his strength, the miner plunged his shovel into the bedrock. He failed to so much as scratch it, while his shovel broke from the impact. The miner let out a heaving sigh deeper than any hole he had dug in his 20 years.

第25話 壁 ―ストヘス区急襲③―
進撃の巨人 現在公開可能な情報 1期25話  Attack on Titan Season1  Currently Publicly Available Information
現在公開可能な情報
壁②
「壁?」抗夫の友人はいくらか怪訝な顔でそう訊いた。「変な話だろう」と抗夫は言った。そして一口酒を飲んだ。「地面の中にまで壁があるなんてな」二人は場末の酒場の奥まった場所にあるテーブルに向かい合って座っていた。抗夫はたいてい仕事の後で唯一の友人である彼とそこで酒を飲んだ。その日(というのは、抗夫が壁を抜けようとした翌日のことだが)も抗夫は仕事が終わるとどちらから誘うというわけでもなく彼と酒場に入り、そこで昨夜の出来事を打ち明けた。この友人なら誰かに漏らすこともあるまいと思ったのだ。「俺たちはもしかしたら地上だけじゃなくて、地下までも壁に囲まれているのかもしれないな」と抗夫は言った。「なあ、そもそも、壁ってのはいったい—-」友人は咳払いをして抗夫の言葉を遮り、そして酒場の中を見回した。酒場にいる客たちは酒を飲んだり、看板娘を口説いたり、大声で喋ることに忙しいらしく、こちらを見ている者は誰もいなかった。それでも抗夫もそれ以上壁について話すことをやめた。もし誰かに聞かれでもしたら、あっという間に憲兵が来ることになる。「まあいいじゃないか」と友人は気を取り直して言った。「これまで通りここで暮らせばいい。貧乏に変わりはないけど、毎日仕事があって酒が飲める。それで十分だ。そうだろう?」「ああ」と抗夫は言った。「その通りだ。また地道に穴を掘るよ。結局のところ、俺にはそれが合ってるんだろう」しかし翌日、抗夫は仕事場に姿を現さなかった。次の日も、その次の日も抗夫は仕事に来なかった。抗夫の友人は何度か家を訪ねてみたが、いつ行っても抗夫はいなかった。また抗夫には親兄弟も連れ合いも親しく付き合っている人間もいなかったから、彼の行方に心当たりのある人間はひとりも見つからなかった。抗夫の友人はどうしようか迷ったが、やはり抗夫の試みも含めたすべての出来事を駐屯兵団に話した。そうして翌日から駐屯兵団と憲兵団による大々的な合同捜索がはじまった。それは一人の貧乏な抗夫—-地面を掘って壁を抜けようと試みた犯罪者ではあるが—-の行方を捜すというにはいささか大仰にすぎるものだった。なぜ彼がそこまでやっきになるのか、抗夫の友人には理解できなかった。しかし抗夫はとうとう見つからず、彼が掘ったという穴もついに発見されることはなかった。そしてまた抗夫の友人もある日忽然と姿を消し、その行方は現在も不明のままである。

Episode. 25
The Wall 2.
"A Wall?" the miner's friend asked, somewhat dubiously, "Isn't it strange?" he replied before helping himself to a drink. "Why would there be a Wall in the middle of the ground?" The two sat around a table deep in the back of a tavern located in the outskirts of town. The man was the miner's only friend, and the two would often drink there after work. As always, no one had invited him to drink after work that day (the day after he attempted to get past the Wall), so he had gone to his usual tavern to tell his friend about what had happened the previous night. Surely the friend would never tell anyone, he thought. "What if we are not only surrounded by walls on every side, but there's a wall below us as well?" the miner asked. "So what are the Walls, anyway - " he continued, until his friend cut him off with a cough as he looked around the tavern. The other customers were busy drinking, trying to sweet-talk the tavern maiden, and hollering at one another. None were looking in the pair's direction. Still, the interruption was enough to make the miner stop discussing the Wall. If someone else had so much as heard them, it wouldn't be long until the Military Police would show up. "Oh, it's nothing to worry about," the friend said, gathering himself. "Just keep on living here as you've done until now. You'll still be poor, but you'll have work and drink. That's enough, isn't it?" "Yeah," the miner replied. "You're right. I'll go back to honest digging. It's probably what I'm cut out to do, after all." But the miner did not show up to work the next day. Nor was he there the following day, or the one after that. The miner's friend visited his home a number of times, but he was never there. As he had no close family or spouse, no one knew where he could possibly be. The friend was at a loss as to what to do, and so he decided to tell the Garrison Regiment everything, including the details of the miner's efforts. A joint investigation was launched between the Garrison Regiment and the Military Police the next day. It seemed a bit excessive - the miner may have committed the crime of attempting to dig his way past the Wall - but he was just an impoverished, lone miner. The miner's friend could not understand why they went to such great efforts. But ultimately, the miner was never found and neither was the hole he supposedly dug. Not only that, the miner's friend suddenly disappeared one day, and he has never been found since.
進撃の巨人 現在公開可能な情報
1期2期3期4期OVA
ATTACK ON TITAN
第3期第4期第4期次回予告
主題歌挿入歌劇場版
OVA現在公開可能な情報
エレンミカサアルミン
リヴァイエルヴィンハンジ
ジャンサシャコニー
ヒストリアライナーマーレの戦士
フロックイェレナイェーガー家
始祖の巨人九つの巨人幼少期
進撃の巨人 投稿一覧はこちら